むだ毛や脱毛で悩んでいる方へ

こんにちは。若い頃からずっと剛毛なむだ毛に悩んできた者です。散々お風呂でむだ毛を剃ってきましたが、汚くなる一方、街を出歩くと生脚を出している綺麗な女性が大勢いるのに「みんなどうしてこんなに綺麗になれるんだろう?」とずっと不思議に思っていた私です。

もう散々ネットなどで色んなエステやクリニックを探していたんですが、某エステに行ったらとんでもない勧誘の嵐でおまけに痛いしでエステでの脱毛はトラウマになり、エステよりもクリニックなら火傷などの心配も少しは大丈夫かな?と思って、某クリニックへ予約してカウンセラーさんと相談して通いだしました。

ここなら自宅から近いし金額も他のとこより安いからです。(この時、カウンセラーさんも脱毛していると聞き、脱毛している腕を見せてもらったのですが、すごく綺麗にされていました。産毛がちらりと見えたぐらいです)不安が確信に変わり、よっしゃ!ここなら大丈夫かも?綺麗になれるかも?と思い、レーザー脱毛開始。(やる時看護師さんに保湿は必ずしてくださいと言われました。)

数年経ちますが、お風呂での苦痛も、楽しさに変わり、洋服などもスカートとか履けるようになりました。今、むだ毛やレーザー脱毛で悩んでいる方、若いうち(20代)ぐらいから始めた方が絶対良いです。若いうちから色んなこと(美容やファッションや恋愛)を楽しみましょう!ちなみに、腕や脚やひげとかならコースで頼んだ方が断然お得です。

そんなあなたにおすすめのサイト⇒レーザー脱毛クリニックを比較する

新宿のクリニックで医療レーザー脱毛をして両腕のむだ毛を脱毛

デリケートゾーンや腋などのむだ毛は自分で処理したほうがよいと思っているので、こまめに対処していましたが、困っていたのは、両腕のむだ毛です。私は毛深い体質なのか、両腕にかなりたくさん毛が生えて、放っておくと本当に「わさわさ」してくる感じで、それを逆光で人に見せようものなら、むだ毛が光に輝いて、「ライオンみたいだね」と言われるほどです。
この「ライオンみたいだね」というのは当時付き合っていた彼氏から言われた言葉で、かなり傷つきました。普段から、自分でワックスやテープで脱毛してはいたのですが、量が多いのと、やはりついおろそかにしてしまうので、そういう状態になってしまうのです。
そこで、思い切って、その両腕の脱毛を病院でしてもらうことにしました。
脱毛サロン、という選択肢も費用的な面でそちらの方が安いので考えましたが、やはりせっかく脱毛するなら確実に、もう2度と処理をしないで済むようにしたかったので、思い切って病院にしました。
インターネットで調べた病院へ行きましたが、そこでは「ニードル式」と「レーザー脱毛」の2種類をしていました。どちらがいいのか聞くと、前者は1本1本針で毛根をつぶしていくので時間がかかるしかなり痛い、でも確実、ということで、それに対してレーザーは痛みはそれほどないが、確実さは8割程度、費用は少し安い、ということでした。
悩みましたが、レーザーを選択し、施術してもらいました。
痛みは確かに少なく、輪ゴムでぱちんとはじかれたくらいでしたので、十分耐えられました。ただ、毛周期の関係で2か月に1回通わなければならないのが、多少面倒くさかったのですが、これもつるつるの腕のため、と思って頑張りました。費用は20万に届かないくらいでしたので、これも想定内でした。
そして1年通い、完全に脱毛施術が終わりました。今は自分のつるつるの腕に触って、その感触の気持ちよさに感動しているところです。
新宿の医療脱毛クリニックの情報はこららで新宿医療脱毛クリニック.com

脱毛後に忘れがちな保湿

私の場合、脱毛した後に悩みが発生します。
普通に脱毛する分には問題ないのですが、脱毛後数時間たつと肌が赤くなってしますのです。しっかりと保湿をすればいいのですが、何でも節約をしたがる私は、スキンクリームも節約したがり、結果十分に保湿ができず炎症を起こしてしまうのです。本当はたっぷりとつけるべきスキンクリームを、ケチってしまって後で後悔します。
どうせ安いスキンクリームを買っているのだから、もっとたっぷり塗ればいいのです。なのに私は脱毛した満足感もあり、ついうっかり一番重要な保湿の手を抜いてしまい、後で頭を抱えることになります。
脱毛後の保湿って大切なんですよね。肌が傷んで荒れてしまうから、それを防ぐために保湿をしなければならないのです。
私はこの失敗を今まで何度もやらかしており、そろそろ学習しないといけないと思っています。
ただでさえ肌の色が白くて炎症を起こした赤い色が映えるのです。この恥ずかしさも少しは考慮して、今後はしっかりと保湿をしていきたいと思っています。
もちろん保湿だけが脱毛ではありません。脱毛をする時もミスをして肌に傷をつけないようにしないといけません。保湿を忘れた上に肌を傷までつけてしまっては脱毛の意味がないような気がします。美肌を目指すための脱毛なのに、脱毛することによって肌が荒れるなんてばかばかしいです。
脱毛を頻繁に行っているのだから、やることはやる、注意することは注意する、と自分の中に叩き込んでおかないといけませんね。
参考サイト (全身脱毛のおすすめを探す!!脱毛サロンランキング

予防注射に行ってきました

日々の生活の中で大切な事だと思ったので、今日はインフルエンザの予防注射に行ってきました。これから寒くなり既に流行しているとの噂もありますが、インフルエンザにはかかりたくないのでここ数年予防注射を受けにいくようにしています。正月も大人どうしの付き合いだけだとうつされる可能性も低いですが、従兄弟達にも子供が生まれ甥っ子も出来ると親戚の集まりなども子供だらけになり、多少のインフルエンザの菌をかかえていても同じ空間で過ごす事が多いので必然的に風邪をうつされる回数も増えています。

日々の生活で、大人どうしの付き合いだけなら予防注射をわざわざする必要もないのかもしれませんが正月などの子供と一緒に過ごす時間の長い時の対策でもあります。でも結果的に1,2月は寒いですし、そういう機会でもないと予防注射など面倒で行かないので良い機会とも思っています。

待合室には老若男女問わずたくさんの方たちがうけにきていたので、自分が子供の頃と違ってインフルエンザの予防注射も慣習化されているのかなあ~と思いました。ちょっと値段は高いと思いましたが、今年もインフルエンザにかからないように気をつけたいと思っています。ここ数年アレルギーとか9月10月頃のブタクサや萱の多い時期に原因不明の腹痛になる事もあって(花粉症の一種だと思いますが)健康のありがたさを感じる事が多いので、風邪もなるべくひきたくないと思っています。

自分の従兄弟も医者をやっているので泌尿器科とちょっと専門は違うのですが、健康診断などもこれからそこでお願いしようと思っているので、来年からはそちらでインフルエンザの予防注射もお願いしようと思っています。健康第一は生活の中で最も大事な基本的な事だと思います。

最近の私の週末の行動

ここ最近の私は週末のお休みになると、なるべくお出掛けする様にしています。それは主に健康維持のためということが理由になります。それまでの私は外出することなく、一日を家に閉じこもって生活していました。その理由は今年の初めに入院することがあり、体調を崩していたことがあるからです。しかし、家に閉じこもってばかりでは、健康のためにも良くないため、なるべくお出掛けする様にしている次第です。

お出掛けするときの移動手段としては、自動車ではなく、自転車や公共交通機関を用いています。自転車については、最近は街中に自転車屋さんが多く、また比較的お安いお値段で購入することが出来ますので、あまり気にすることもなく容易に購入出来ました。自転車で移動するときには好きな音楽をイヤホンで聞いて楽しんでいます。公共交通機関は主に電車を使っていますが、私の場合は駅の発券機で切符を購入することはまずありません。

切符に関しては、金券ショップで購入する様にしています。場所にもよるでしょうが、私の職場近くでは金券ショップが多数あるので、よく利用しています。金券ショップでは同じ区間であっても、異なるお値段で販売されていることがありますので、時間のあるときには小まめに調査しておいた方が良いと思います。私の経験上ですが、駅から少し離れた場所の金券ショップの方が若干お安い値段で販売されていることがあると思います。

同じ場所に出かけるにしても少しでもお安くお出掛けすることが出来ますので、利用しない手はないと思います。お出掛け先は自分自身にとって気持ちの安らぐ場所にする様にしています。また気持ちが安らげる場所探しをすることもあります。それが最近の私の行動になっています。

腹痛で起きる日々

最近、どれだけ暖かくして眠っても、お腹の激痛で目が冷めて困っています。
痛さのタイプからして、お腹が冷えた時の痛みと言うのは判ってるんですが。
厚着をして寝たり、掛け布団を多く使ってみたりしても、腹痛で目が覚めるんですよね。

ポジティブに早起きの習慣ができた、と思おうとしても、通常起きる時間よりちょっと早い時もあれば、真夜中もいいとこな時間の場合もあります。
その上どう考えても、というか考えるまでもなく、早起きすることの健康に対するメリットより、お腹を壊すことのデメリットのほうが間違いなく大きいです。
二度寝するには遅いけど、起き続けるのも辛い微妙な時間に起こされることもあって、眠くて判断力が落ち気味な気もしますし。

腹痛自体は、一旦収まるまでトイレに篭って、ある程度収まったら給湯機から出したお湯を飲めば、胃の中から温まって緩和されるんですが。
でも腹痛で起こされる不快感は受けた後ですし、腹痛以外の弊害もあるので、なんとか予防したいのですが。

とりあえずどうすれば予防できそうか、一つずつ考えて行くことに。
寝室が寒いからお腹が冷えるので、暖房器具を寝室に、と言うのは、寝てる間に暖房器具を使うのは、子供の頃近所でそれが原因で起きた火事が起こったので、心情的に除外。
エアコンなら火事の恐れは少なそう、と思っても、寝室にエアコンを付ける金銭的余裕も有りません。

厚着をして寝ても腹痛が起きるのは、どうやら寝てる間にお腹を掻いたりしてるのか、寝相でお腹が出てる様子。
なら寝相でお腹を出しにくいように、腹巻きでも使えばいいんでしょうか。

あとは掛け布団が年季が入ってて薄くなってるんで、熱をのがしてるのも原因かもしれませんね。
いい加減ボロボロになってきてて買い換えたかったですし、この機会に掛け布団と腹巻きを買ってみましょうか。